テレビでもよく取り上げられている生活習慣病。日頃よくなる、ふとした症状が実は生活習慣病の前兆です。当サイトの記事を読み、思い当ることが3つ以上あった場合、貴方は生活習慣病の可能性があります。

入れ歯よりもインプラントのほうがいい理由

歯周病などの病気や外的要因などによって歯は欠損してしまうことがあります。
欠損した歯を補うための施術はいくつかあり、代表的なものとしては入れ歯やブリッジ、インプラントなどをあげることができます。
欠損した歯の治療を行う場合には、それぞれの施術をきちんと比較して、メリットデメリットを考え歯医者と相談した上で自分に合った治療を行うことが大切です。

インプラントと入れ歯を比較した場合、効果であればインプラントの方が良いとされています。
義歯とも呼ばれる入れ歯は一般的な治療方法です。
欠損した部分の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯にバネをかけて安定させるという方法になります。
ブリッジに比べて安定性が劣りますが、歯科で安価に行える方法でもあります。
ただし、安価ですが咀嚼力が低下してしまったり、毎食後外して綺麗にする必要があり、違和感を覚えるなどのデメリットがあります。

それに比べてインプラントは、かけた部分の骨に穴を開けて人工の歯根を埋め込み、その上から人工歯をかぶせるという治療方法になります。
入れ歯とは異なり、金属などで支える必要もないという特徴があるため、違和感を覚えるなどの負担はなくなります。
また、自分の自然の歯のような感覚で硬い食べ物を食べることができるようになり、食生活が豊かになります。
食生活が豊かになれば食べ物を食べる楽しみなども出てきたり、しっかり咀嚼することができることなどで、健康にも様々な良い影響があります。
見た目も自然の歯と違和感がなく、審美歯科的にもメリットの多い方法といえます。

ただし、デメリットも多くあります。
デメリットとしては、インプラントを行っている歯科が少ないということが挙げられます。
また、顎の骨に穴を開けて治療するという方法のため、骨の状態によっては手術ができない場合もあります。
さらに、保険適用外の自由診療であることから歯医者によって価格設定が様々であり、他の治療方法に比べて治療費は高めになります。
インプラント治療は、骨に穴を開けるという外科的な手術を伴うこと、そして成功率は100%でないということも理解する必要があります。
何の問題もない神経や血管などに手を加えることになるため、障害が発生する可能性もあるという認識も必要です。

成長過程にある人、免疫力や抵抗力の低い糖尿病の人、口腔内の衛生状態が悪い人、喫煙者などは手術自体ができないこともあります。
インプラントを行う場合には、メリットとデメリットを理解してから行うことが大切です。

また、インプラントを行う場合は信頼できる歯医者を見つけ出す必要があります。
骨に直接埋め込む手術のため失敗は許されません。
そのためにも技術力が安定した成功率の高い歯医者に施術をしてもらうべきでしょう。
インプラント治療を数多くこなして経験豊富な地域があります。
人口が多く患者数も多いため、技術力が安定しているインプラント治療を神奈川で行うと良いでしょう。
首都圏に近く東京に住んでいる方にもお勧めできます。